2017年度後期 ゆざわジオパーク日帰りバスツアー 申込み開始!

2017年07月26日

2017年度晩夏~秋の日帰りバスツアーが始まります。

このツアーは、1人ではなかなかいけない場所を中心に、大地から人までのガイドの案内を聞きながら巡る特別モニターツアー。後期は10月終わりまでに全4回開催します。

 

一口に湯沢市といっても、とっても広いです。

本当にその場所に住んでいる人しか知らない、祭りに清流、奇岩、温泉・・

そして、それらには実は繋がりがあった・・!!

そんなリアルぶらタモリに参加してみませんか?

昼食も、なかなか本格的デスヨ!!

 

↓↓以下、内容ネタバレ↓↓

 

行動時間:8:00-15:00

料金:其々4000円(昼食付)

 

⑤ご開帳日に知る大地の神秘『霊峰白山からの贈り物』

開催日:8月20日(日)  申込締切:8月12日(土)

集合・解散:湯沢市役所1階ロビー

行程:湯沢市役所=松岡経塚(構え森)=白山ハイク(白山神社年1回ご開帳日)=山田地区センター(昼食)=阿黒岩展望台=切畑阿黒王名水=木村酒造(試飲可)=湯沢市役所

 

白山と構え森

 

⑥銀と石の町の祭典『院内銀山祭りにかだろう!』

開催日:9月21日(木)  申込締切:9月21日(木)

集合・解散:道の駅おがち

行程:道の駅おがち=院内銀山跡(院内銀山まつり)=岩井堂洞窟遺跡=旧院内尋常高等小学校(昼食)=院内銀山異人館=院内石採石場跡=道の駅おがち

院内銀山まつりの様子

 

⑦初秋の秘境を訪ねて『秋ノ宮の清流と温もりの物語』

開催日:10月1日(日)  申込締切:9月15日(金)

集合・解散:道の駅おがち

行程:道の駅おがち=湯ノ又大滝=湯ノ又沢散策路(リバーウォーク)=ぶりこ石産出地=きのこや(昼食)=川原のゆっこ=目覚めの清水=道の駅おがち

一枚岩の渓谷を歩く

 

⑧紅葉にキノコに温泉に『森と火山の恵みをいただく』

開催日:10月15日(金)  申込締切:9月29日(金)

集合・解散:湯沢市役所1階ロビー

行程:湯沢市役所=三本杉-田代沼ウォーク=大湯温泉泥火山=キノコ講習会@大湯温泉阿部旅館(昼食・入浴)=地熱利用農産加工所=栗駒フーズ=あぐり館=湯沢市役所

全国から秘湯好きが集まる大湯温泉

 

詳しい内容・お申込み方法はコチラをご覧ください!

↓↓

★_日帰りチラシ2017

ツアー後半

ゆざわジオパーク講演会を開催いたします!

2017年07月20日

こんにちは!毎日暑い日が続いていますね。

全国で熱中症で体調を崩してしまう人が急増しておりますね。

秋田県も、東北だからと言って気を抜かず、水分を十分取り炎天下に長時間いないなどして熱中症対策に気をつけましょう!

 

さてそんな暑い中ですが、7月25日、ゆざわジオパーク講演会を開催いたします!

 

↑クリックで拡大します。

 

日時:7月25日13:30~15:30

会場:湯沢ロイヤルホテル

講演:『理科教育におけるジオパークの活用』

講師:田口瑞穂氏(秋田大学教育文化学部)

 

今回の講師は秋田大学教育文化学部の田口瑞穂先生です。

田口先生のご専門は理科教育学で、今回は理科教育でジオパークをどのように使っていけるのか、ということについてご講演いただきます。

 

当日参加もOKですので、是非お誘い合わせの上お越しください。

お待ちしております♪

湯沢市ジオパーク推進協議会 ジオパーク専門員募集のお知らせ

2017年06月26日

 湯沢市ジオパーク推進協議会では、さらに強力にジオパーク活動を推進するため、次のとおりジオパーク専門員を募集します。任期なしの雇用(65歳定年制あり)です。

 

 ジオ資源の保全と活用・教育への活用・ジオツーリズムによる地域活性化というジオパークの理念に沿った活動を展開しながら、湯沢市を大好きな人を増やし、湯沢市を元気にする活動を一緒にやりましょう!

 

 応募書類の締め切りは、平成29年7月28日(金)必着です!

 

募集内容及び選考の方法

【募集職種】  ジオパーク専門員

【募集人数】  1名

【募集期間】  平成29年6月26日(月)~平成29年7月28日(金)

【選考方法】  書類選考(1次試験)及び面接選考(2次試験)
         書類選考通過者には、8月下旬に面接試験を実施
         ※10月1日から着任できる方

【応募資格】  
1)4年制大学の学部または大学院において自然科学系(地質学、地理学など)を専攻または研究したもので、大学院修士課程修了以上の学歴を有する者、またはこれと同等以上能力を有すると認められる者。

2)年齢45歳未満の者(平成29年4月1日現在)

3)普通自動車運転免許を所持している者。又は着任時まで確実に所持できる者。

4)パソコン(エクセル、ワード、インターネット関連)の一般的な操作ができる者

5)英語でのコミュニケーションや取組発表を行える語学力を有する者が望ましい。

【職務内容】
1)湯沢市ジオパーク推進協議会が実施する事業従事(ジオパーク資産の保護保全活動、ジオパークの普及と教育活動、ジオツーリズム活動)

2)地質学等の調査、研究活動及び関連学問のアウトリーチと教育活動

3)日本ジオパークネットワーク及び世界ジオパークネットワークの活動

4)その他ジオパークに関連して必要と認められる活動
【雇用条件】
1)雇用形態  任期なし雇用(65歳定年制あり)

2)給   与  給与規程により支給
          (例:大学院修士課程修了者が終了後直ちに雇用される場合、185,800円)

3)昇   給  給与規程により支給(良好な成績で勤務した場合、12ヶ月ごとに昇給)

4)手   当  通勤手当、住居手当、時間外勤務手当、期末手当を給与規程により支給

5)社会保険  健康保険、年金等加入、雇用保険加入

6)勤務時間  8時30分~17時15分(1時間の休憩時あり)

7)休日休暇  週休2日制(土、日)、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)有給休暇あり(規程による)

8)勤務場所  湯沢市ジオパーク推進協議会事務局(湯沢市観光・ジオパーク推進課内)

9)経過措置  採用後6ヶ月間は条件付採用期間とし、その間の職務を良好な成績で遂行したときに正式採用する。

【提出書類】  
1)応募様式(様式1)

応募用紙(様式1)エクセル版

応募用紙(様式1)ワード版

2)大学院修士課程修了(又は見込み)以上のことが証明できる書類の写し

3)ジオパーク全般又はゆざわジオパークに関する小論文(2,000字以内、A4用紙)
 ※様式は自由です。現状の課題や改善策あるいはやってみたいことなどをお書きください。

 

ジオパーク専門員 募集要項

 

【応募方法】

上記「提出書類」一式を下記あてに郵送又は直接持参してください。

 

提出先(郵送先)

〒012‐8501 秋田県湯沢市佐竹町1‐1

湯沢市役所 観光・ジオパーク推進課内 湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

 

応募の期限は、平成29年7月28日(金)必着です!

 

お問い合わせは、0183‐55‐8195 湯沢市ジオパーク推進協議会事務局 佐藤まで

 

平成28年度秋田県ジオパーク研究助成事業の採択学術研究成果について

2017年05月30日

秋田県ジオパーク連絡協議会(八峰白神ジオパーク/男鹿半島・大潟ジオパーク/ゆざわジオパーク/鳥海山・飛島ジオパーク構想)では、県内ジオパークでの地域基礎研究の底上げを目的に、研究助成事業を平成27年度より始めました。採択された学術研究及びその成果概要を公開します。なお、研究成果概要の無断転用は禁止します。

 

 

【秋田県ジオパーク研究助成事業とは】

 

学術的な面から地域の価値を創出し、学術資料の蓄積と情報発信を図り、地域資源や地域の魅力の再発見に結びつけるため、学生・研究者・教員等に対し研究費用の助成を行います。

 

 

1---------------------------------------

 

<研究の名称>

 旧石器・縄文時代における男鹿産黒曜石の利用と拡散について

 

<氏名(所属)>

 吉川 耕太郎(秋田県立博物館)

 

<研究の目的・内容>

 旧石器・縄文時代において石器石材として利用が確認されている男鹿半島産出の黒曜石について、当時の人々による利用の実態と拡散範囲を通時的に明らかにする。

 

<研究成果概要>

 公開用(吉川)【H28】Web公開用研究成果概要

 ※本研究助成の成果の一部は既に、秋田県立博物館研究報告第42号(2017年3月)に報告されています(インターネットによる閲覧も可能です)。

 http://www.akihaku.jp/publication/report/report.htm

 

※所属は平成29年3月末現在です。

 

 

2---------------------------------------

 

<研究の名称>

 秋田県仁賀保地域における活断層の分布と性状の解明

 

<氏名(所属)>

 佐々木 亮道

 

<研究の目的・内容>

 秋田県にかほ地域には、仁賀保丘陵の西麓に南北方向の数条の断層(仁賀保衝上断層群)が存在することが従来から知られている。

しかし、それらの断層が活断層として活動し、将来地震を発生させるのかどうかはよく分かっていない。

 筆者らの調査によって、従来考えられていた仁賀保丘陵西麓よりやや低地側(西側)の白雪側沿いに活断層が存在し、数千年前以降、

数回の地震があったことが明らかになってきた。この活断層は、にかほ市北方の海域にも延長していると考えられることから、過去の

地震時に津波を発生させた可能性もある。この活断層の分布と性状を明らかにし、防災に役立てることが研究の目的である。

 

<研究成果概要>

公開用(佐々木)【H28】Web公開用研究成果概要

 

 

3---------------------------------------

 

<研究の名称>

 秋田県南部地域における雪と民俗――除排雪に関する民具を中心に

 

<氏名(所属)>

 川邉 絢一郎 (大磯町郷土資料館)

 

<研究の目的・内容> 

 秋田県内における雪に関する民族を比較することで、積雪量が民族に与える影響を明らかにし、自然環境と人々の生活との関係を考察することを目的とする。

秋田県は、全域が豪雪地帯または特別豪雪地帯に指定されている。ただし、各地域の積雪量は地形等の影響により異なる。積雪量の差異は当然、地域の人々

の暮らしに影響を与え、多様な民具や語彙・伝説などの口承文芸を生み出していると考えられる。また、各地の生活文化を比較する民俗学的方法によって、

各ジオパークの特徴を示すことも試みる。

 

<研究成果概要>

公開用(川邉)【H28】Web公開用研究成果概要

 

 

--------------------------------------------------

 

※研究の目的、内容については研究助成金交付申請書からの抜粋です。

※公開する研究成果概要は成果の一部(概要版)です。

※研究成果概要の無断転用は禁止します。

海の日開催!ゆざわジオパークフォトラリー『ジオパークGOⅡ』!【7月3日(月)申込締切】

2017年05月23日

昨年好評でした「ジオパークGO!」の第2弾を開催します。

ジオパークGOは、特定の範囲内を地図を見ながら徒歩電車で回り、指定されたポイントの写真を撮ると点数が得られる、写真ウォークラリーです。ゆっくり楽しみながら回るのもアリ!ガンガンポイントを回って上位入賞を狙うもアリ!楽しみ方は人それぞれです。上位者には豪華景品もありますよ。

 

開催日:2017年7月17日(月・海の日)

申込締切:2017年7月3日(月)

集合場所:小町の郷公園小町舞台前

集合時間:8:00

プレイ時間:8:30-12:40

解散時間:14:00

料金:1チーム2000円(当日支払)

1チーム:2~4名

定員:50名

 

詳細と申込方法はチラシをご覧ください。

↓↓

チラシ

1 / 1012345...10...最後 »