ゆざわジオパーク認定商品制度 募集開始!

2021年07月15日

ゆざわジオパーク認定商品募集要項

1 はじめに

ゆざわジオパークの持続的な経済活動を推進するためには、若年層が興味を持つような地域資源循環型の産業振興ならびに商品開発が必要です。ゆざわジオパーク認定商品は、若年層などの幅広い層に対して、ゆざわジオパークを発祥として販売される商品の価値やその商品に内在する多様な地域資源との関わりを伝えていくための取り組みです。

 

2 認定商品の特典

認定商品は、湯沢市ジオパーク推進協議会により、市広報、定例記者会見、ホームページ、ゆざわジオパークかだり隊、地域情報誌、パンフレットなどを通じて積極的に情報発信されます。認定商品のロゴマーク、ゆざわジオパークロゴマーク、ゆざわジオパークキャラクターしず小町を活用した商品のPRを行うことができます。

 

3 募集期間

  令和3年7月15日(木)から令和3年9月15日(水)まで

 

4 応募資格

申請代表者が市民応援隊「ゆざわジオパークかだり(でぇ)」に所属していること。

 

5 応募条件

販売形態の整った、無形商品や有形商品とします。

 

6 応募方法

所定の申請書に必要事項を記載のうえ、関係書類を添えて郵送(当日必着)または、ご持参ください。

 

7 認定までのスケジュール

  募集 令和3年7月15日~9月15日

  審査 令和3年10月上旬

  認定 令和3年10月中旬

 

8 審査方法

湯沢市ジオパーク推進協議会が選定した審査員により、認定基準をもとに決定します。

 

9 審査基準

以下に定める認定基準で審査します。

  意欲

ゆざわジオパークの良さを広めたいという熱意が伝わってくること。

  表現

万人にとりわかりやすく親しみやすい表現がなされていること。

  理解を促す工夫

ジオパークの理念に関する理解を促すような工夫がされていること。

  科学的な知識

信ぴょう性のある情報を提供していること。

  ストーリー

ゆざわジオパークの多様な地質資源との関わり、例えば、地質的・生物的・文化的な関わりについてうまく組み込んでいること。

 

10 審査発表

  審査結果は、申請書に記載された連絡先へ審査結果通知書にて通知いたします。

 

11 有効期間と更新

  認定商品の有効期間は4年間とし、その後は4年ごとに更新することができます。

 

12 認定取消

  以下のいずれかに該当した場合、認定を取り消す場合があります。

   ・法令を遵守していないなど、ゆざわジオパークの信用を著しく失墜させたとき。

   ・申請代表者から認定取り消しの申し出があったとき。

 

13 申請に関する留意事項

・申請書類は返却しません。必ず提出前に複写などをお取りください。

・申請した商品が認定された場合、商品の内容や写真などを湯沢市ジオパーク推進協議会が情報提供する

ホームページや制作物、メディアなどの取材記事、報道に使用することについて事前に了承し、その内容に

ついては、湯沢市ジオパーク推進協議会に一任するものとします。

・申請書類の内容については、当該審査以外に使用することはありませんが、特別なノウハウや営業上の

秘密事項などについては、法的保護を行うなど申請者の責任で対応してください。

 

14 応募・問い合わせ先

   湯沢市ジオパーク推進協議会(湯沢市役所 産業振興部 観光・ジオパーク推進課 内)

   〒012-8501 秋田県湯沢市佐竹町1番1号(TEL:0183-55-8195)

 

ゆざわジオパーク認定商品募集チラシ・申請書.pdf (Word版 申請書

ゆざわジオパーク認定商品制度要綱.pdf

ゆざわジオパークかだり隊チラシ・申込書.pdf (Word版 申込書)

ゆざわジオパークかだり隊認定制度要綱.pdf

 

 

【成果概要公開】令和2年度秋田県ジオパーク研究助成事業の採択学術研究成果について

2021年05月12日

秋田県ジオパーク連絡協議会(八峰白神ジオパーク/男鹿半島・大潟ジオパーク/ゆざわジオパーク/鳥海山・飛島ジオパーク)では、県内ジオパークでの地域基礎研究の底上げを目的に、研究助成事業を平成27年度より始めました。昨年度に採択された学術研究及びその成果概要を公開します。なお、研究成果概要の無断転用は禁止します。

 

■秋田県ジオパーク研究助成事業とは

学術的な面から地域の価値を創出し、学術資料の蓄積と情報発信を図り、地域資源や地域の魅力の再発見に結びつけるため、学生・研究者・教員等に対し研究費用の助成を行います。

 

 ①鳥海山矢島口5合目祓川の低温湧水に関する研究

 【氏名】 板垣 直俊

 【所属】 秋田地学教育学会

 【研究成果概要】 ①R2(板垣 直俊)Web公開用(PDF)

 

 ②鳥海山の亜高山草原土の土壌特性の解明

 【氏名】 小林 耕野

 【所属】 筑波大学大学院 生命地球科学研究群 山岳科学学位プログラム

 【研究成果概要】 ②R2(小林 耕野)Web公開用(PDF)

 

 

※公開する研究成果概要は成果の一部(概要版)です。

※研究成果概要の無断転用は禁止します。

 

世界に知らせよう!湯沢市のにぎやかな生き物 結果発表!

2021年05月10日

湯沢市の生きものをスマホで撮影して世界に発信するプロジェクトが2021年4月30日~5月3日に行われました。

5月10日時点での結果は以下のとおりです。

 

▼結果URL:https://www.inaturalist.org/projects/city-nature-challenge-2021-yuzawa-geopark?tab=stats

 

▼観測記録数:77件

【City Nature Challenge 2021の参加都市数は400程度で、だいたい320位くらいでした。最高は南アフリカ ケープタウン71143件です!】

 

▼発見種数:49種

【だいたい310位くらいでした。最高はケープタウン4253種です!】

 

今回、初の試みということで、順位はあまり高くありませんでしたが、楽しむことができた人がいるとすれば、とても嬉しいです。協力してくださった皆さん、ありがとうございました!

ゆざわジオパークを音声で巡りませんか?~音声案内マップ配布開始!~

2021年05月10日

 ゆざわジオパークではあらゆる人に対して地域の楽しさを伝えていく方法を模索しています。今回、その一環として作成したのが、スマホで楽しむことのできる「ゆざわジオパーク音声案内マップ」です。

 音声案内マップは、小安峡温泉の足湯や小安峡大噴湯の解説板などに設置されているチラシや二次元コードをスマホで読み取ることで、アクセスできます。そして、マップ上の見どころスポットをタップすると、「やさしい日本語」による案内を聞くことができます。やさしい日本語とは、高齢者や子ども、日本語を母語としない外国人、視覚に障がいのある人が理解できるよう、工夫を施した日本語のことです。

 小安峡温泉を観光する際にぜひ試してみてくださいね。

 

音声案内の一例、いぶりがっこhttps://youtu.be/EAt1Dnyx2hc

 

小安峡の解説板や足湯に設置されたチラシケース。チラシ内の二次元コードを読み取ることで音声案内マップが開きます。

 

【令和3年度】ゆざわジオパーク学術研究等奨励補助金の募集開始!

2021年04月30日

令和3年度のゆざわジオパーク学術研究等奨励補助金を受ける研究事業を募集します!

 

ゆざわジオパークをフィールドとした学術研究等を奨励するために、平成27年度より研究費助成を行っています。

 

令和3年度において学術調査、研究等を計画されている方は、是非お申し込みください。

応募締切は令和3年5月31日 月曜日(必着)です。

 

●補助内容

    研究に関する経費(注1)の総額の10/10以内  (補助金限度額30万円)

    (注1)研究に関する経費とは、

・研究等に係る原材料費や消耗品費

・所在地から市内への移動の公共交通料金、湯沢市内滞在中の宿泊費

・研究活動等で必要な会議室等の会場借上料

・研究活動等に必要な各種申請等にかかる費用

・研究活動等に必要な各種検査等にかかる費用                                 などです。

 

●対象となる研究等

    以下に示すすべての場合において、ゆざわジオパークをフィールドとするものとします。

・地形、地質に関する調査研究

・ジオパークと地域のかかわりに関する社会学、民俗学、観光学等に関する調査研究

・そのほか、ゆざわジオパークの質の向上に資すると認められる調査研究

 

●応募できる人

    ・日本国内の大学に在籍する学生または大学院生

    ・日本国内の大学、研究機関等に所属する教員または研究員

    ・そのほかの人で、ゆざわジオパークの質の向上に資する研究が可能と認められる人

 

●応募の方法等

    ・要綱等をご確認の上、所定の補助金申請書に必要事項を記入しご応募ください。

湯沢市ゆざわジオパーク学術研究等奨励補助金交付要綱  (PDF

湯沢市補助金等に係る予算の執行の適正化に関する規則  (PDF

補助金様式(zip)                (Word・Excel版PDF版

補助金様式記入例(zip)      (PDF

事業の流れ                       (PDF

募集のチラシ                     (PDF

 

    ・応募先

〒012-8501 秋田県湯沢市佐竹町1番1号

湯沢市役所 産業振興部 観光・ジオパーク推進課 ジオパーク推進班 宛

 

    ・お問い合わせ

TEL:0183-55-8195    FAX:0183-79-5057

Email:geopark@city.yuzawa.lg.jp

 

●締切   令和3年5月31日 月曜日(必着)

 

ご応募お待ちしております!

 

1 / 2212345...1020...最後 »
最新記事
月別アーカイブ